厚生消防委員会・請願採決

2018年11月12日(月)17:56

厚生消防委員会が行われました。これまで委員会で審査が行われてきた請願「幼保再編計画における右京保育園民営化計画凍結を求める請願書」について公明党委員より審査集結の動議が提出され、その後採決され反対多数で不採択となりました。私は、当事者の保護者のみなさんの中に民営化について反対の声も依然として多く、疑問を持たれている方もいる中においては、請願審査は継続する事を主張させていただいたほか、採決についても請願に賛成しました。

 

奈良市は、幼保再編計画のなかで、現在奈良市立として運営されている「右京保育園」を民営化し認定こども園とする計画を発表、それに対して、保護者の方から、「保育の質の低下にもつながる」と反対の声があがり有志の方62名が計画の凍結を求め請願を提出されていました。さらに右京地域の自治会からも市の計画に反対する意見も出されています。

 

奈良市の保育責任を果たすためにも公立保育園は存続を

 

私は、奈良市の保育責任を担保していくためにも公立の保育園は必要だと考えています。市は、民営化でサービスが良くなるといいますが、待機児童が解消されていない現在、民間施設間での競争原理が働いているとはいえず、民営化=サービスの向上という図式は必ずしも成り立たないのではないでしょうか。また今後、少子化が進展すれば施設数が過剰となり、将来的には経営難に陥る園も発生しないとはいえません。そのような状況においても、公立園なら倒産の心配もなく安心して子どもを預ける事ができます。経営状況に左右されず市内各地域の保育を担保していく公立園を拡充させていくことこそ保育責任を担う市のあるべき姿ではないでしょうか。また、公立の保育園は、子どもの実態をつかみその結果を民間園にフィードバックしていく役割も担っています。奈良市の保育の質を担保し民間園に見本を示していくためにも公立園は重要な役割を果たしており、今公立園を民営化する必要性は認められません。

 

市が民営化を進める理由のもう一つに財政があります。保育が新システムに移行し、公立園の施設整備等に関する国からの財源は特定財源から一般財源へと変わりました。しかし、地方交付税に入れ込んで交付されるようになったとしても、公立園に対する交付税措置はされており、これまでと比べて使えるお金が大きく減ったわけではありません。何よりも、保育予算を削減する事は、福祉に対する市の責任を後退させる物でもあり、福祉の向上に努めなければならない自治体の責務にも反するものであります。

 

さらに市民でもあり当事者でもある保護者の方が「ちょっとまってほしい」と声をあげ、議会に請願までされているさなかに、一方的に計画を進めようとする市の姿勢は、あまりに拙速だといわなくてはなりません。このような事から、私は請願は継続審査すべきと判断し、裁決については賛成をいたしました。

 

 

児童相談所設置や職員の配置についても質問しました

 

また、委員会では、奈良市が平成33年度に開設を目指している児童相談所について質問しました。今回取り上げたのは、開設後に同施設で働く職員さんの心のケアの問題です。児童相談所の職員は、虐待が行われている現場に踏み込んでいく仕事や、24時間体制の構築、様々な相談への対応などで大変過酷な職務に当たることとなります。使命感をもって職務に就いた職員を使いつぶす事のないよう、心のケアが大変重要になってきます。奈良市も組織的な対応の強化など複数の対応策を挙げ、職員の負担軽減をはかっていく見解を示しました。

 

また私は以前、保護課のケースワーカーの人数が国の基準を満たしていない点を指摘し改善を求めました。保護課のケースワーカーは、生活保護を利用している方が、自立した生活が送れるよう、また、利用者がきちんと生活できているかどうか支援していくためにも重要な役割を担っておられます。今回の質問で、奈良市のケースワーカーは国の基準よりも27人不足していることが明らかとなりました。この間、消防職員の数も基準を満たしていないことも明らかとなっており、マンパワーが必要な現場に必要な人員が配置されていない現状が改めて浮き彫りとなりました。

カテゴリー:議会

県政アンケートでお寄せいただいた要望を、市・県に提出

2018年11月10日(土)18:35

夏から取り組んできた、県政についての「くらしのアンケート」は、全県から3000通近くの返信をお寄せいただいております。奈良市内からも約1000通をお寄せいただきました。

 

 

アンケートでお寄せいただいた要望の内、各地域に関するものを要望書へとまとめ、県と市に提出しました。尼ヶ辻駅周辺や新県総合医療センターへのアクセス同整備など、私の地域からも道路整備に関する要望も複数寄せられています。提出した要望については、後日担当課から返答をもらうこととなっていますが、「何を、いつまでにやるのか」といった具体的な点についても、今後詰められるところから詰めていきたいとも思います。

カテゴリー:活動報告

県政学習会

2018年10月22日(月)14:27

奈良革新懇が主催する、県政学習会の最終回が21日開催されました。これまでの学習会のまとめが報告された後、3月議会で日本共産党奈良県議団が提案した「予算組み替え」について宮本次郎県議が、荒井県政の問題点について山村さちほ県議が報告を行いました。

 

 

参加されていた医療関係の方からは、国民健康保険の県単位化や地域別診療報酬について、奈良県の医療を崩壊させかねないとして発言がありました。労働組合関係の方からは、県でも非正規雇用が拡大し、民間委託も拡大されてきており、自治体労働者でもサービス残業が常態化している実態も報告されました。

 

国保などの福祉の削減、高校削減、奈良公園でのホテル建設など、荒井県政の暴走に各分野で様々な運動が展開されています。この県政を変えるためにも、来年4月の知事選では、市民のみなさんとの共同の候補の実現が何よりも求められています。県民のみなさんの思いを託せる候補者実現に、私たちも引き続き力を尽くしていきたいと思います。

カテゴリー:活動報告

憲法学習会

2018年10月15日(月)15:06

安倍政権が憲法改定に執念を見せています。西の京地域では、9条改憲NO!の3000万人署名を推進しようと、地域の会を立ち上げこれまで活動してきました。臨時国会が迫る今、もう一度みんなで学習を深め地域の運動をさらに発展させようと、13日(土)に学習会が行われました。

 

 

講師には奈良教育大学教授の今正秀先生をお招きし講演いただきました。私も、安倍改憲をなんとしても断念させるために地域のみなさんと共に最後まで力を尽くす決意を述べさせていただきました。

カテゴリー:活動報告

台風24号と沖縄県知事選

2018年10月01日(月)15:29

台風24号が通過しました。地域には大きな被害はありませんでした。しかし、次の台風の接近も報じられるなど、安心はできません。引き続いての災害に対する備えが求められています。

 

沖縄県では県知事選が投開票となり、新基地建設反対を掲げる「オール沖縄」候補の玉城デニー候補が当選。沖縄県の皆さんの民意が示されるとともに、安倍政権の強権政治にNOを突き付ける選挙戦となりました。

 

カテゴリー:活動報告

県立高校再編について、奈良市議会議員有志で緊急アピールを発表しました

2018年09月25日(火)18:00

 

 

県立高等学校適正化条例を9月定例県議会で議決せず、関係者の理解を得る丁寧な説明をつくすこと、県立奈良高校の耐震化をただちに行うことを求める緊急アピール

 

奈良県教育委員会の「県立高等学校適正化計画」実施計画案に関し、奈良市議会は6月定例会において「県立高等学校適正化実施計画(案)の議決の延期を求める意見書」を全会一致で採択しました。しかし、その後の動きをみると県議会の議決には反映されていません。

 

全会一致で採択した市議会意見書の趣旨が9月県議会に十分に反映され、徹底審議がなされるよう、意見書の内容をいっそう促進する立場から、奈良市議会議員(有志)で改めて意見を表明するものです。

 

県立高校の今回の再編計画は、県教育委員会によって今年6月に計画案が発表され、はじめて対象校が明らかになりました。

 

入学希望者も多く、地元にも愛されてきた平城高校を事実上閉校し、その跡地に未耐震の奈良高校を移転させる内容に、関係者の多くが心を痛めておられます。

 

奈良高校の建物の耐震性は国の基準を大幅に下回り、地震により倒壊または崩壊する危険性が高いことが判明し、奈良市は8月に避難所指定を解除しました。

 

現在の県教育委員会の計画では、2022年(平成34年)まで奈良高校の耐震性の問題は解決されず、それまでは倒壊の危険性がきわめて高い校舎で生徒や教職員が過ごすことになります。これでは命は守れず、行政としてあまりに無責任といわざるをえません。

 

中学校現場では、2学期に入り、高校受験の進路指導に本格的に取り組んでい<ことになりますが、県立高校再編計画に関わる必要な情報があまりに不足しており、中学生の進路選択(進路指導)に重大な影響を及ぼしています。

 

当事者や関係者の声が置き去りにされ、計画が一方的にすすめられるべきではありません。万が一そうなれば、多くの関係者の教育行政への信頼を著しく失墜させることになりかねません。

 

奈良市議会より提出した先の意見書について、県教育委員会から市議会に対しても、これまでに何の説明もされていません。

 

問題の重大性、緊急性に鑑み、ここに、奈良市議会議員(有志)で、県立高等学校適正化条例を9月定例県議会で議決せず、関係者の理解を得る丁寧な説明をつくすこと、県立奈良高校の耐震化をただちに行うことを求める、緊急アピール(声明)を表明するものです。

 

2018 年 9 月 25 日

 

奈良市議会議員
塚本 勝
樋口 清二郎
山出 哲史
林 政行
松下 孝治
阪本 美知子
山本 直子
白川 健太郎
階戸 幸一
三橋 和史
大西 淳文
柿本 元気
酒井 孝江
山口 裕司
北村 拓哉
内藤 智司
植村 佳史
三浦 教次
鍵田 美智子
井上 昌弘
松岡 克彦
中西 吉日出

カテゴリー:議会

県政アンケートに続々と返信が寄せられています

2018年09月25日(火)13:58

奈良県全域で取り組んでいる「県政アンケート」にたくさんの返信が寄せられています。高校再編問題や奈良公園へのホテル誘致、地域の公共交通の充実など、どれも切実な要求ばかりです。

 

県立高校再編については、中学3年生のお子さんを持つ方ともお話しする機会がありました。「子どもは平城高校に行きたがっているが、本当に勧めて良いのか迷っている」とその心境を語っておられます。また、奈良高校を志望するお子さんを持っている方から「未耐震の事が大きく報道され、できれば同じレベルの私学に行ってほしい」という声を聞いたとも方っておられます。高校再編問題がいま、当事者の中学生の進路選択に大きな影響を与えています。県の説明も全く納得できないとも述べられ、県の計画の進め方があまりにも拙速だということが浮き彫りとなっています。アンケートでは多くの方から時間をかけて議論すべきだとの声も届いており、多くの方が納得していない現状では強行すべきでないと思います。

 

地域の事についても意見が寄せられています。複数の箇所において、歩行者の安全確保を求める要望が届いています。また、尼ヶ辻駅北側から線路沿いに阪奈道路方面に抜ける道がふさがれているという意見があり、市に確認したところ当該道路は私有地であることが判明しました。しかし、南北の道路は一本しかなく大回りになることから、代替道路の設置や既存道路の整備などで、駅への隠せす改善ができるよう要望したいと思います。また、中町の第二版奈側道との交差点についても安全確保を求める声が届いています。ここも交差点ぎりぎりまで私有地となっており、信号待ちの歩行者が退避できるスペースが大変狭くなっています。地域にお暮らしの複数の方からも危険だとの声もあり、引き続き安全対策を求め具体的な対策を実現していきたいと思います。

 

みなさんからいただいた要望は、とりまとめて県や市、奈良交通などに要望書として提出していくほか議会でも取り上げ改善を求めていく予定をしています。具体的なスケジュールなどについては、決まり次第お知らせしたいと考えています。

カテゴリー:活動報告

9月議会を終えて

2018年09月25日(火)13:31

9月議会が21日(金)閉会しました。今回、特に大きく動いたのが、奈良市立の小中学校と幼稚園へのエアコン設置の課題です。

 

今年の夏は「災害」にも匹敵する大変な猛暑となり、日本全国で公立学校へのエアコン設置を求める声が高まりました。奈良市はこれまで財政を理由に学校へのエアコン設置には消極的でしたが、この夏の暑さと世論を受け補正予算では設計費用を計上、市議会において成立する事となりました。

 

今回の議会では、共産党のみならずすべての会派がエアコン設置を求める質問や主張を行ったことも重要です。市民のみなさんの声が姿勢を動かしていることを改めて実感しています。

 

一方、実際の設置費用については、国や県の補助金を当てにしている面もあり、不安要素が残ります。少なくとも来年の夏までには設置されるよう引き続き市に求めていきたいと思っています。署名も引き続き取り組んでいきますので、ぜひみなさんのご支援もお願いします。

カテゴリー:議会

18回奈良赤旗まつり

2018年09月25日(火)13:18

第18回奈良赤旗祭りが、22日(土)奈良県文化会館にて開催されました。山下よしき参議院議員が記念講演を行い、日本共産党の躍進を訴えました。

 

 

会場前では模擬店も多数出展。私の地域後援会も奈良市後援会として出店、炊き込みご飯や実家の米などを販売しました。朝からけっこう強く雨も降っていましたが、11時頃にはやみ、心配していた商品も12時ごろまでにはほぼ完売する事ができました。

 

支持者や後援会の方も多数参加していただき、楽しいイベントとして成功したと実感しています。

カテゴリー:活動報告

台風21号通過、各地に影響も

2018年09月05日(水)16:55

昨日の昼頃〜夕方にかけ、台風21号が奈良市を通過しました。奈良市内でも樹木が折れたり、カーポートの屋根が飛ばされたりするなどの被害をお聞きしています。山間などを中心に停電も発生していたとのことで、被害個所については早期復旧も望まれます。

 

議会棟の正面玄関にも折れた木の枝が吹き寄せられていました。(4日15時頃)

 

関西空港が使用不能に陥ったことでの影響も波及しています。私の身内でも当日関空に帰ってくる予定だった者が現地で足止めとなっているほか、私の周辺でも帰ってこれなくなったという方もおられます。

 

当初より強力な台風だということは報道されていましたが、この被害実態を見て改めて自然の猛威を感じます。自然災害は避けられないにしても、やはり、その被害を最小限に食い止めるための対策の必要性も改めて認識しました。

カテゴリー:-


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:723
最終更新日:2019/09/11

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM