参院選で7議席確保・市議会は今日から臨時議会

2019年07月22日(月)11:19

21日投開票の参院選で、日本共産党は7議席(選挙区:3・比例:4)を獲得、改選前よりも1議席減となりました。ご支援いただいたみなさん、ほんとうにありがとうございました。

 

京都選挙区は、倉林明子候補が当選、大阪選挙区では、たつみコータロー候補が最後まで支持を訴えましたが及びませんでした。埼玉では、21年ぶりに議席を獲得するなど、今後に希望を持てる動きも生まれています。一人区での野党共闘では、沖縄をはじめ全国で10議席を獲得しました。

 

また、自民・公明・維新など憲法改定を進める勢力の議席は、改憲発議に必要な3分の2を割り込むなど、改憲論議に対しての国民の審判が下されたものだとも考えています。年金や消費税など、選挙期間中に訴えてきた政策の実現に向けて、国政も地方も一緒になって引き続き頑張ります。みなさんの引き続いての大きなご支援をよろしくお願い致します。

 

■ ■ ■

 

市議会では今日から臨時議会が始まります。6月議会で削減された市庁舎耐震化のための補正予算です。市庁舎を巡っては、県知事が平城宮跡前の積水工場跡地への移転を「私案」として示し大きく報道もされています。これについては「知事が市の方針に口だしすべきではない」とのご意見も多くお寄せいただいております。

 

 

奈良市の耐震化の方針は、有識者や市の自治連合会長も入った協議会で2年かけて出された結論でもあります。それを180度ひっくり返すこととなれば、もう一度議論をやり直さなくてはなりません。また、他の市と同じようにパブリックコメント募集など、市民の声を聞く機会も期間を確保して行う必要もあると考えます。

 

知事は来年度中の実施設計着手は可能と主張もされておりますが、上記の手順を十分に踏まえていくことを考えれば現実的ではないとも思います。

 

一方で、知事の示す移転先の地元では市庁舎移転を望む声がある事も確かです。庁舎耐震化の緊急性や補助金獲得のためのスケジュール、市民負担など総合的に考えれば、耐震化により現庁舎を耐用年数までは活用する事が最適だと思います。一方で、約30年後に耐用年数が経過したときにどうするのか、まちづくりも踏まえ議論していく道筋も今から一定示していく必要もあるのではないかとも感じています。

 

耐震化予算は今日以降、議会で議論が行われることとなります。一刻も早い庁舎の安全確保のためにも、耐震化予算成立に力を尽くしていきたいと思います。

カテゴリー:議会

比例は「日本共産党」!

2019年07月20日(土)20:13

比例は「日本共産党」

 

 

明日は参議院選挙の投票日

 

「消費税10%にしなくても、別の道でくらしを良くすることができる」

 

「そんなことができるの?」と思った方は

 

日本共産党の提案をぜひご覧下さい。

 

そして、比例代表は「日本共産党」の一票で

 

みんなが安心してくらせる社会をご一緒につくりましょう!

 

 

 

日本共産党の政策:http://www.jcp.or.jp/senkyo2019/

 

 

 

 

 

 

選挙区は「西田一美」

 

 

奈良選挙区は、一人しか当選できない「一人区」です。

 

野党がバラバラで立候補しても自民党には勝てません。

 

そこで奈良では、無所属候補の「西田一美」さんを、

 

統一候補として私たちも応援しています。

 

西田さんとは、「消費税10%中止」、「憲法9条改憲阻止」など、

 

6項目で政策の一致も確認されています。

 

選挙区は「西田一美」をよろしくお願いします。

 

 

■ ■ ■

 

 

大阪・京都は共産党候補へ

 

 

大阪にお住まいのみなさんはぜひ「たつみコータロー」へ。

 

京都にお住まいの方はぜひ「倉林明子」へ。

 

大激戦となっています。

 

二人の現職をどうか今度も、国会に送ってください。

 

カテゴリー:その他

6月議会が終わりました

2019年06月28日(金)16:25

6月議会が昨日閉会しました。最大の課題となった奈良市役所本庁舎の耐震化の予算については、私たちは一刻も早く耐震化は必要だとの見解を示し予算にも賛成の立場をとりました。一方、自民党と改革新政会の2会派や一部の無所属議員らが反対、耐震化予算を削減した「修正案」が可決されることとなりました。

 

耐震化予算についての日本共産党奈良市会議員団の見解はこちら

http://jcp-naracity.jugem.jp/?eid=125

 

耐震化予算が通らなかった事を受けて、現在市は再提案に向けて準備をしているとの情報が入っています。補助金の申請期限などを勘案すれば、7月中には通したいとの市の思いもあり、参院選投票日翌日の22日開会で臨時議会が予定もされています。いつ起こるか分からない災害発生時に、市役所機能を維持し救助・復興の拠点ともなる市役所の耐震化にむけて、引き続き力を尽くします。

 

地域の課題については、県総合医療センター跡地でのまちづくりについて質問。奈良市は、児童相談所を含む(仮称)子どもセンターを同地に建設する計画を進めていますが、これまで地元との話し合いの中で出されてきた、医療機能の設置や交通の確保などの課題についてはほとんど計画が示されておりません。

 

奈良市は、2022年に「一部まちびらき」とスケジュールを示しています。この一部が何を指すのかと聞いたところ、「一部は子どもセンターのこと」と答弁がありました。また、県の調査で有害物質が検出されたことでのスケジュールへの影響については「調査に必要な期間遅れる」との答弁もありました。

 

地域の方からは、「子どもセンターは地域から出された要求ではない。診療所の設置など、これまでの経緯を踏まえた計画を示すべきではないか」との意見も寄せられています。子どもセンターそのものについては、今必要とされている重要な施設でもあり、私たちも反対するものではありません。一方で、当地全体のことを考えれば、やはり地域要求に沿った計画をまずは示す必要があるのではないでしょうか。

カテゴリー:議会

6月議会が10日から始まります

2019年06月05日(水)16:23

奈良市議会の6月定例会が、来週10日(月)から始まります。市庁舎の耐震化の為の予算が提案され、全議員対象に市長より説明も行われました。また、新斉苑建設(火葬場)が、当初の予定よりも工事が遅れており、そのことについての説明も行われています。

 

市庁舎を巡っては、県知事が何の権限も無いのに、奈良市に対して三条大路4丁目にある積水化学の工場跡地への移転を持ちかけ、一部の会派がそれを推すような発言をするなど、耐震化ではなく新築すべきだとの声も議会内には存在しています。耐震化すればあと30年も使えるといわれている建物を捨て、大金をつぎ込み新築する事が果たして正しい税金の使い方と言えるでしょうか。

 

今度の6月議会では議長・副議長、各委員会のメンバーの改選も行われます。その動きを睨んでか、新風政和会という会派が解散し、一部の議員が他会派に合流するということまで起こっています。

 

私は今回、一般質問を予定しており、介護保険制度や地域の交通安全対策、県総合医療センター跡地活用のこと等についてを考えています。

カテゴリー:議会

奈良市立保育園の民営化、全園に拡大か。拙速な進め方はやめよと質問。

2019年05月20日(月)17:24

厚生消防委員会が、17日に開催されました。現在奈良市では、右京保育園と鶴舞こども園において民営化がすすめられています。右京保育園の保護者からは、民営化に反対する請願書が議会に提出されるなど、大きな議論ともなりました。

 

▲民営化が進められている右京保育園(奈良市HPより)

 

奈良市初の試みでもある保育園の民営化が上記2園で進められている中、奈良市はさらに拡大しようとしています。私の質問でも現在奈良市立となっている園名も挙げて、民営化を進めていく旨が述べられました。右京と鶴舞が現在民営化に向けて進められ、結果の総括もないまま次々と進めていく奈良市の姿勢は拙速以外の何者でもありません。

 

これまでは、奈良市立保育園として統一基準で保育が実施されてきたものが、民営化後は個々の法人毎の基準で運営される事になり、各園毎に保育の質にばらつきが生じることになります。仮に、市立よりもよりよい保育内容となったと言うことであれば、納得する方も居るとは思いますが、反対に今よりも雑になった、不親切になった等のマイナス評価となれば、民間移管の判断を下した奈良市の責任が問われます。右京の場合は、初の試みということもあり、法人選定等では慎重に行われたと思います。しかし今後の民営化の中で、公募を重ねても要項を満たす法人が現れなかった場合、基準を引き下げて法人を何が何でも探すということになれば、保育の質の低下にもつながりかねません。

 

奈良市が保育施設の民営化を進める理由として、「人材と財政」を挙げています。しかし、保育を守る為の財源確保に、これまで奈良市が本気で取り組んできたかというと、私はそのようには思えません。市の責任の下での保育の実施は、奈良市の福祉の根幹となる制度でもあり、他の福祉施策と併せて、最優先に予算を確保していかなくてはならない事業の一つです。その運営を奈良市から切り離そうとする、民営化の路線は、正に福祉の切り捨てであり奈良市の責任放棄と言わねばなりません。今すべきことは、市立保育園の民営化ではなく、待機児童解消のための認可保育所の設置を国・県・市の責任で行っていく事です。少子化の今だからこそ、保育の拡充で、若い人たちが安心して働くことが出来る市政を目指していくべきだと指摘しました。

カテゴリー:議会

第90回メーデー

2019年05月01日(水)17:54

 

第90回奈良県メーデーが、奈良公園で開催されました。奈労連加盟の各組合のみなさんや各種団体、日本共産党の地方議員団も集会に集まり、労働者の権利、平和と憲法を守れと声を上げました。あいにくの天気ではありましたが、集会後はデモ行進も行われ、地方議員団もそろってデモ隊を見送りました。

カテゴリー:活動報告

県都2議席確保!ご支援ありがとうございました。

2019年04月09日(火)10:12

 

7日投開票となった奈良県議選で、奈良市山辺郡区(奈良市と山添村)は山村候補と小林候補の2名が当選、県都の2議席を確保しました。厳しい選挙戦でしたが、各地域から沢山のご声援も頂き、候補者もスタッフも元気よく最後まで頑張ることが出来ました。支えていただきましたみなさん本当に有り難う御座いました。これからも、市・県・国の議員と連携し、地域要求の実現に取り組んで参ります。

 

県全体では、生駒郡区で宮本次郎候補が27票差で惜敗、県議席が5→4という結果となりました。

カテゴリー:活動報告

「新春のつどい」ご参加ありがとうございました

2019年01月28日(月)16:52

1月27日、大和郡山城ホールにて2019年の「新春のつどい」が開催され、県内各地から多くの方にご参加いただきました。

 

 

次の日から国会が始まるにもかかわらず、宮本岳志衆院議員が国会報告。勤労統計データの偽装が新たに発覚した問題や、沖縄での民意無視の米軍新基地建設強行、消費税増税の一方でアメリカから武器を「爆買い」しようとしている問題、憲法改悪を進めようとしている問題など、安倍政権があらゆる分野で多くの矛盾を抱え行き詰まっている実態が報告されました。

 

また、日本共産党の提案も示し、国民の声に背く政権を市民と野党の共闘で倒そうと呼びかけました。そして、奈良からも安倍政権NOの声を示すためにも、4月の県議選では6議席以上を、知事には川島氏をと訴えました。

 

▲宮本岳志衆院議員

 

県議選予定候補の6名もそれぞれ決意表明。特に県都奈良市では、現有の2議席確保が絶対に必要です。山村さちほ県議、小林照代県議両名も、一層の支援を力強く訴えました。また、7月の参院選奈良選挙区の、かまの祥二さんも、日本共産党躍進に全力を尽くす決意を述べました。

 

▲山村さちほ県議会議員▲

 

▲小林照代県議会議員▲

 

▲参院奈良選挙区のかまの祥二氏▲

カテゴリー:活動報告

「暮らしのアンケート」について警察へ申し入れ

2019年01月15日(火)13:36

県議団が行った「暮らしのアンケート」で寄せていただいた要望の内、警察に関わることについて申し入れを行いました。

 

 

私の地域からは、旧総合医療センター北側にある国道308号線の信号機が、暗くて見にくいとの要望や、砂茶屋の交差点が危険だとのご意見をいただいておりました。他にも、市内各地より様々な要望が寄せられており、今日提出した要望書の実現を、県議団・市議団で要請もさせていただきました。

カテゴリー:活動報告

「対話でつなぐ奈良の会」キックオフ集会

2019年01月13日(日)23:21

4月の県知事選挙に立候補を表明された川島実氏が代表を務める「対話でつなぐ奈良の会」のキックオフ集会が文化会館で開催されました。

 

 

川島氏は、医師でありながら僧籍を持ち、元プロボクサーという異色の経歴の持ち主です。今日は、医師の立場から在宅医療・介護の必要性について、ご自身の住んでおられる右京地域での学校統廃合や平城高校閉校の問題、地域経済活性化などについて考えを述べられました。

 

集会は、モンベル会長辰野さんとの対談形式で進められ、県政を変えるために川島さんに県庁のトップに座っていただこうと呼びかけられました。

カテゴリー:活動報告


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:725
最終更新日:2019/10/07

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM