厚生消防委員会

2020年08月29日(土)00:06

8月26日、厚生消防委員会が行われました。新型コロナウィルス感染症が拡大する中、私も含めほとんどの委員が奈良市の対応について質問しました。

 

日本共産党は7月28日、政府に緊急の申し入れを行いました。その中で、感染震源地を明確にし感染拡大を防いでいくためにも、その地域の住民や勤務者全員を対象にしたPCR等検査の実施、医療や福祉の現場で働く人を対象にした検査の実施などを求めています。

 

奈良市に、医療・福祉現場の勤務者に対する検査の実施を求めたところ、「本人の希望があれば検査の対象としていく」と答弁しました。検査を受けられるようにしたことは一歩前進ですが、ここでもう一歩踏み込み、奈良市の方から検査を受けてもらうよう働きかけることを求めました。

 

県内でも病院や大学でクラスターが発生するなどしています。院内感染・施設内感染を防止していくためにも、施設関係者に対する検査の実施は重要ではないでしょうか。

 

また、奈良市は全庁をあげてコロナ対策に取り組んでいる中でも、市立保育園の民営化はスケジュール通り進めようとしています。一方、4月〜7月は縮小しての保育となっており、その間は保護者への説明会も行われていませんでした。今後もしばらくは保護者や市民への説明会などは規模・時間も制限される状況も続きます。何よりもコロナ対応に当たっている市役所の貴重なリソースを割いてまでスケジュール通りに進めなければならない課題だとはどうしても思えません。奈良市に、少なくともスケジュールの延期をと求めましたが、奈良市からは誠意のある回答はありませんでした。

カテゴリー:議会


署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:746
最終更新日:2020/08/29

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM