奈良市議会6月議会

2020年07月10日(金)11:54

市議会の6月定例会が6月26日に閉会、6月22日には、提案されている議案の採決が行われ、コロナ対策経費を含んだ補正予算が全会一致で可決しました。

 

今回提案されたコロナ対策は、観光客減少の影響を受けている宿泊業者やバス、タクシーの事業者に対する補助金、PCR検査に必要な予算、プレミアム商品券発行経費など。

 

プレミアム商品券はこれまでも2度発行されてきました(2015年と2019年)が、市内事業者の営業にどの程度効果がもたらされているのか、十分に検証されたとはいえません。今後は、地元業者の支援というのであれば、業者のみなさんの意見をよく聞き答える施策の展開が求められます。

 

また、教育関連としてGIGAスクール構想実現経費というものも含まれています。これは、小学校1年生から中学3年生までタブレット端末を一人1台となるよう整備する予算です。コロナ禍の中で子どもたちの学びについて様々な模索もされていますが、GIGAスクール構想は、日本で教育のICT化を進める政策であり、コロナ禍に対応して立案されたものではありません。コロナ禍をビジネスチャンス到来とばかりに、教育現場を市場として利用することは許せません。まずは、子どもたちが安心して学校に通うことができる環境を整えるためにも「少人数学級」こそ実現すべきです。

 

上記の問題はありますが、総じて補正予算はコロナ対策として必要な経費を多分に含んでいるため、市に意見を述べた上で賛成しました。

カテゴリー:議会


署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:742
最終更新日:2020/08/05

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM