今回の厚生消防委員会は「文書質問」となりました

2020年05月13日(水)14:10

 

新型コロナウィルスの感染拡大と、緊急事態宣言により、市議会の運営にも影響が出ています。5月に予定されていた各常任委員会も一つの部屋に多人数が集まることを避けることから、文書質問で行われることとなりました。感染拡大を避ける対策は最優先で取り組まなければならない事ですが、議員の質問の機会が制限されれば、この間たくさんの方からいただいた意見や要望の実現を市に迫る機会も制限されることとなります。感染対策は行いつつも、活発な議論が行える環境を考えねばなりません。

 

今回、厚生消防委員会で私が提出させていただいた質問は、救急搬送で病院から受け入れ拒否はされていないか、医療・介護現場への資機材の支援や従事者への「危険手当」支給についての考え、児童虐待への対応、生活保護決定の迅速化、市保健所でのPCR検査体制の見通しなど。また、(仮称)子どもセンターの建設について、新型コロナによって計画にどのような影響が考えられるのかについても聞いています。

 

今日提出した質問に対する回答は、6月3日となっています。最終的には市のHPで公開もされますが、またこちらでも紹介させていただきたいと思います。

カテゴリー:議会


署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:749
最終更新日:2020/11/02

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM