3月議会・コロナ対策と予算組み替え提案

2020年03月25日(水)17:01

新型コロナウィルスの感染が広がる中、奈良市としても対応が求められます。経産省は資金繰りが悪化した中小企業に向けてセーフティネット保証※を行っています。より事業者のみなさんを支援するため、奈良市として借り入れに対する利子を補填する「利子補給」の実現を求め、奈良市も前向きな考えを示してきました。しかし、最終局面で奈良市は、政策金融公庫が無利子無担保融資を打ち出した事を理由に、利子補給は撤回、その予算は宿泊客への補助を行うと表明しました。また、今後の対策に必要な財源については、予備費や補正予算で対応するとしています。

 

※売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100%を保証する制度です(経産省HP)

 

いま世界規模で感染が拡大する中、奈良市でも年度当初から予算を確保し対策が必要です。そこで、市長提案の予算から不要不急と思われる予算を削減し、奈良市の貯金である財政調整基金に戻す事をもとめる予算組み替えの提案を行いました。残念ながらこの提案は賛成少数で否決となりました。しかし、新型コロナの影響は深刻です。引き続き、市内のみなさんからいただいた声も生かし、市に対応を求めていきたいと考えています。

カテゴリー:議会


署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:738
最終更新日:2020/05/25

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM