3月議会 β緝充遡

2020年03月25日(水)16:57

 

3月議会が3月19日に閉会となりました。今回私は、会派を代表しての「代表質問」を行わせていただきました。一部を紹介します。

 

 

予算編成について

 

来年度の新年度予算は過去最高額の1,441億円(一般会計)。子どもセンター建設や西大寺駅前整備など、大型の建設事業が集中しているのも特徴です。そのため、市債も2019年より約46億円(臨時財政対策債除く)増えています。将来負担について市長は「行財政改革の推進、歳入の確保に努める」と答弁していますが、歳入確保には、現役世代の暮らしを応援する政策が不可欠です。市に対策を求めました。

 

 

奈良市の景気について

 

消費税増税が奈良市経済にも影響を及ぼしています。市長も「消費税率の引き上げによる影響は否定できない状況」と認めました。また、コロナウィルスの影響で「資金繰りに困難を来す企業が出てくることも予想される」とも答弁。一方で、減税を国に求めることについては否定しました。景気悪化とコロナにより観光業を始め、市内事業者に大きな影響が出ています。市内業者のみなさんの営業と暮らしを守るためにも景気悪化の原因である消費税を減税するよう国に言うよう求めました。

 

 

子どもセンター建設について

 

子どもセンター建設について、全国で起こっている児童虐待事件を教訓に、国の基準に限ること無く余裕を持った職員配置を行うよう求めてきました。予算と人員配置について市長は「国の基準を踏まえた人員配置を行い、予算は国庫支出金、交付金措置などを活用」と答弁。国基準を超えての考えは示されませんでした。児童相談所は、全国と同じようにやっていては他県で起こっている事件を奈良市でも繰り返すことにもなりかねません。奈良市で子どもの被害者を生まないためにも、全国の先進事例も参考に、独自の努力が求められます。

 

 

クリーンセンター建設について

 

クリーンセンター建設については、どこに建設するにしてもまずは燃やすゴミをいかに減らすのかが重要だと考えています。現在の奈良市のリサイクル率は全国平均をやや下回っており、決して進んでいるとはいえない状況です。燃やすゴミを最小限に抑えれば、建設すべき施設の規模も小さく抑え、周辺環境への影響も最小限に抑えることにもつながります。また、奈良市は周辺自治体との広域化で施設建設を計画しています。他の自治体のゴミも集中すれば施設の規模も大きくなり、周辺の環境の悪化も懸念されます。クリーンセンター建設については、施設建設ありきで進めるのでは無く、奈良市としてゴミ処理そのもののあり方を検討すべきと求めました。

カテゴリー:議会


署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:738
最終更新日:2020/05/25

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM