12月議会・市営プールの料金改定について(反対しました)

2019年12月24日(火)10:25

この議案は、青山プール、ならやま屋内温水プール及び、西部生涯スポーツセンター屋内温水プールにおいて、これまで無料だった65歳以上の利用者に対し、大人料金の半額、小人料金と同額を徴収しようとするものです。

 

特に、西部生涯スポーツセンターでは65歳以上の利用料を300円にしようとしていますが、利用者の半数以上が65歳以上の方です。

 

奈良市は、利用料減免の理由に「生きがいをもち、健康で長生きできるまちづくり」を進めるために、高齢者の健康増進や外出の機会を増やすことが目的と述べています。この必要性は薄れているどころか、今まさに求められています。

 

利用されている市民の方からは、「多少の負担は仕方ない」との声はあります。しかし奈良市が設定しようとしている300円という金額については、「バスと同じように一回100円にならないか」「もっと周知して利用者を増やして料金を下げれないか」などの意見が寄せられました。

 

国民年金一本で生活されている高齢者の方は本当に毎日節約をして生活されています。その上消費税増税や医療費の負担、各保険料の値上げなどで、もう節約するところもないというような生活をされているかたが少なくありません。今回の料金改定はそういう方々を閉め出す事になってしまいます。

 

利用料金設定の根拠も、「近隣市町村にあわせる」といった奈良市としての主体性も感じられないものです。これまで行ってきた減免制度の効果の検証、今後の影響等についての分析もなく、市民や利用者に対してとても納得のいく内容ではありません。そのため、本議案には反対しました。

カテゴリー:議会


署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:738
最終更新日:2020/05/25

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM