12月議会・消防署の非常用発電機の燃料備蓄について

2019年12月24日(火)10:17

12月議会に提案された補正予算には、災害時に備え各消防署・分署に設置された非常用発電機の燃料を備蓄する設備の設計予算が含まれています。

 

国は、災害時に備え重要な公共施設は非常用発電機が72時間以上使えることを求めています。しかし、奈良市の消防署は指令センターのある南消防署以外は、72時間分の燃料を備蓄できていません。今回の補正予算は、南消防署と東消防署に、必要な燃料をまとめて備蓄するための設備を設置するためのものです。

 

奈良市が考えているのは、拠点にまとめて備蓄し、災害時にはその拠点から燃料輸送車で運搬し補給を行うというもの。本来は各施設に72時間分の燃料を保管しておくのが望ましいと考えますが、タンクを設置する場所等の問題もあり、すぐに各施設に設置するのは難しいとのことでした。今後、施設の老朽化等で立て替えが必要となった場合には、燃料が備蓄できる造りとすることが求められます。

 

また、災害時に道路の寸断等で燃料輸送車が対象の施設に近づけない場合には、人海戦術で燃料を運ぶと答弁がありました。災害時は最も人員が求められる時で、そんなときに燃料を運ぶためにどれだけ人を回すことができるのか未知数です。ただでさえ人員不足が指摘されている消防分野への人員確保を改めて求めました。

カテゴリー:-


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:730
最終更新日:2019/12/24

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM