9月議会 

2019年10月07日(月)13:06

保育園の民営化

 

今回、鶴舞こども園及び、右京保育園の民間移管に伴い、条例中から2園を削除、また、現在休園となっている、平城西幼稚園を平城こども園に統合する条例改正案が提案され、反対しました。

 

奈良市はこれまで、幼保再編計画の元、幼稚園と保育園の統廃合を推し進め、19園の対象となる幼稚園・保育園を11園のこども園へと再編しました。この再編は、奈良市が一方的に策定した「市立幼稚園における園児募集停止、休園及び閉園に関する基準」が原動力となり、人数の少ない園を機械的に閉園へと追いやるものであり、その問題点を指摘してきました。

 

この統廃合の一環で奈良市が打ち出したのが、幼保施設の民間移管の方針です。その一発目として行われたのが、鶴舞こども園と右京保育園における民間移管です。この問題では、特に右京保育園の保護者のみなさんが、市のいう民間移管に対して反対の声を上げられ、議会に請願まで提出されました。

 

一方奈良市は、丁寧に進めて行くといいながらも、計画に沿って、いわば強引に推し進めてきました。現在、右京保育園では民間移管に向けての引き継ぎが行われていますが、いま働いている非正規職員の処遇や、今後の保護者会のあり方などで、法人と意見の相違があるとの保護者の方からの声も届けられております。民間移管により、保護者間に無用な混乱をもたらした奈良市の責任は重大です。

 

何よりも、保育を行う義務を負う奈良市が、それを担保してきた市立保育園を民間移管することは、市の責任放棄と言わねばなりません。民間移管を行う理由に財政もあげられておりますが、これはまさに保育の大リストラといわねばなりません。また、民間園に範を示さなくてはならない市立園をなくすことは、市全体の保育行政にも大きく影響を及ぼします。

 

しかも、奈良市は、鶴舞・右京における民間移管が現在進められており、結果の総括も何も行われていない今の段階において、富雄保育園をこども園化と民間移管を行った上で富雄第三幼稚園との統合再編、飛鳥幼稚園の民間移管の方針を相次いで打ち出しています。

 

誰でも安心して子どもを預かってもらえる市立保育所の削減は、保育実施義務を負う奈良市の責任を後退させるものであり、少子化対策や待機児童解消の面から見ても逆行するものです。

カテゴリー:議会


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:726
最終更新日:2019/11/10

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM