参院選で7議席確保・市議会は今日から臨時議会

2019年07月22日(月)11:19

21日投開票の参院選で、日本共産党は7議席(選挙区:3・比例:4)を獲得、改選前よりも1議席減となりました。ご支援いただいたみなさん、ほんとうにありがとうございました。

 

京都選挙区は、倉林明子候補が当選、大阪選挙区では、たつみコータロー候補が最後まで支持を訴えましたが及びませんでした。埼玉では、21年ぶりに議席を獲得するなど、今後に希望を持てる動きも生まれています。一人区での野党共闘では、沖縄をはじめ全国で10議席を獲得しました。

 

また、自民・公明・維新など憲法改定を進める勢力の議席は、改憲発議に必要な3分の2を割り込むなど、改憲論議に対しての国民の審判が下されたものだとも考えています。年金や消費税など、選挙期間中に訴えてきた政策の実現に向けて、国政も地方も一緒になって引き続き頑張ります。みなさんの引き続いての大きなご支援をよろしくお願い致します。

 

■ ■ ■

 

市議会では今日から臨時議会が始まります。6月議会で削減された市庁舎耐震化のための補正予算です。市庁舎を巡っては、県知事が平城宮跡前の積水工場跡地への移転を「私案」として示し大きく報道もされています。これについては「知事が市の方針に口だしすべきではない」とのご意見も多くお寄せいただいております。

 

 

奈良市の耐震化の方針は、有識者や市の自治連合会長も入った協議会で2年かけて出された結論でもあります。それを180度ひっくり返すこととなれば、もう一度議論をやり直さなくてはなりません。また、他の市と同じようにパブリックコメント募集など、市民の声を聞く機会も期間を確保して行う必要もあると考えます。

 

知事は来年度中の実施設計着手は可能と主張もされておりますが、上記の手順を十分に踏まえていくことを考えれば現実的ではないとも思います。

 

一方で、知事の示す移転先の地元では市庁舎移転を望む声がある事も確かです。庁舎耐震化の緊急性や補助金獲得のためのスケジュール、市民負担など総合的に考えれば、耐震化により現庁舎を耐用年数までは活用する事が最適だと思います。一方で、約30年後に耐用年数が経過したときにどうするのか、まちづくりも踏まえ議論していく道筋も今から一定示していく必要もあるのではないかとも感じています。

 

耐震化予算は今日以降、議会で議論が行われることとなります。一刻も早い庁舎の安全確保のためにも、耐震化予算成立に力を尽くしていきたいと思います。

カテゴリー:議会


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:722
最終更新日:2019/07/31

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM