12月議会・閉会

2018年12月19日(水)16:53

12月議会が閉会。今回、私は代表質問や討論を担当させていただきました。

 

12月議会での大きな前進は、なんといっても市立小中学校と幼稚園へのエアコンの設置に向けての予算が提案されたことではないでしょうか。全国的にもこれから工事が集中し、機材や業者の確保が困難になることが予想されます。奈良市に考えを質問したところ、「出来るだけ早く進め、来年夏に間に合うようにしたい」との答弁がありました。

 

また、地域経済振興のためにも、市内や市外の業者に発注をと求めたところ、その効果を認めた上で「発注方法を検討していきたい」と答弁もありました。市長の9月議会での言葉通り、来年の夏までにエアコン設置が完了するよう、引き続き奈良市の動きを注視していきたいと思います。

 

奈良市では、来年度予算編成に向けて「行財政改革・重点取組項目」というものが公表されました。民間委託などをこれからも進めていく等の内容ですが、保育園についても今後民営化を進めていくとの方針が示されています。「すべての園を民営化するつもりなのか」との私の質問に、市長は否定しませんでした。

 

保育園の民営化は現在、鶴舞と右京の2園で進められています。右京保育園の保護者の方からは民営化反対の請願も提出され、今議会採決が行われました。市町村には保育を実施する義務があり、公立の保育園は、市内各地域で一定数の保育を確保する重要な役割を果たしてきました。倒産・撤退の心配がなく一定レベル以上の保育サービスが提供される公立園は、地域に若い世代を呼び込む為にも必要な施設であり、いま公立園を削減する理由は見当たりません。請願は残念ながら不採択となってしまいましたが、今後も、公のサービスの削減を許さず、拡充を訴えていきたいと思います。

カテゴリー:議会


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:726
最終更新日:2019/11/10

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM