6月議会・補正予算等特別委員会

2018年06月20日(水)16:57

先日の大阪北部地震では、学校のブロック塀が倒れ、児童が犠牲になるという痛ましい事故も発生しました。この塀は建築基準を満たしていなかったことも明らかとなっており、奈良市においても同様のことが起こらないための対策が求められます。今日、奈良市教育委員会に対して、安全点検を早期に行うよう申し入れを行いました。

 

 

6月議会の補正予算等特別委員会が行われ、私と山本議員が質問を行いました。この委員会では、6月議会に提出された補正予算や条例改正案などの議案が議題となります。

 

特に今回は、補正予算の中に10月からの生活保護基準見直しにかかわるシステム改修費が計上されています。生活保護の基準はこの間段階的に引き下げられてきており、今回の改定では今よりも生活扶助費が5%引き下がる人も出てくるなど、深刻な問題です。また、生活保護の基準は最低賃金を決める際の基準にもなっており、その基準が引き下げられるということは、労働者により一層格差を広げることにもなりかねません。

 

保護を受けておられる一人ひとりが、自立して生活できるようになるためには、それぞれの置かれた状態をしっかり把握したうえでのサポートが欠かせません。しかし、そのためのケースワーカの人数が奈良市では厚労省の基準よりも少ないことも今回の質問で改めて明らかとなりました。

 

誰にでも起こりうる生活に困った状況から抜け出すための最後のセーフティーネットでもある生活保護制度の本来の役割を果たさせるためにも、制度の拡充を国に対して働きかけるよう求めました。

カテゴリー:議会


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:684
最終更新日:2018/09/05

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM