12月議会・代表質問

2017年12月04日(月)20:13

12月議会の質問が今日から始まりました。今日は、自民党、公明党、日本共産党、改革新政会、市民の声奈良の順で行われました。日本共産党奈良市会議員団は山口議員が質問を行いました。

 

(写真:松岡議員HPより)

 

12月議会に提案されている、新斎苑(火葬場)の土地購入予算、重度心身障がい者医療費助成の自己負担増などについて奈良市の考えを質したほか、憲法9条や核兵器禁止条約についても市長の考えを問いました。

 

■新斎苑関連予算について

計画地の土地購入予算とあわせて、隣接する西側の土地までまとめて購入する予算が提案されています。この隣接地の購入について奈良市は、観測井の設置や防災対策、近隣地域から講演として整備してほしいとの要望があるからと説明しています。一方で、購入する土地の面積が全体で当初計画の倍になること、これまでの計画との整合性など明らかにすべき点も多く残されています。引き続き、その妥当性について奈良市の考えを明らかにしていきたいと考えています。

 

■重度心身障がい者医療費助成の負担増について

重度心身障がい者の方に対して行われている医療費助成制度はこれまで患者負担はありませんでしたが、今回、通院で1医療機関毎に500円、入院では1,000円の一部負担金を設定する議案が提出されています。障がいを抱える方の中には、医療が不可欠な方も少なくありません。今回の議案は奈良市の福祉の後退を招くものであり、中止を求めていきたいと思います。

カテゴリー:議会


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:690
最終更新日:2018/10/15

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM