臨時議会・議長選挙

2017年08月18日(金)11:54

 

昨日流会となり行われなかった議長選挙が、本日午前に行われました。日本共産党からは山口議員が立候補しました。各候補者の得票は、山口議員 6票、北議員(自民)14票、内藤議員(改革)12票、森岡議員(公明)7票で、北議員が新議長となりました。

 

午後からは副議長の選挙が行われ、日本共産党からは北村議員が立候補しました。選挙の結果、三浦議員(維新)19、森岡議員(公明)13、北村議員6となり、三浦議員が副議長となりました。

 

正副議長が選出された事を受けて、月曜日からは議会運営委員や各委員会の割り振りや、正副委員長の互選へと進んでいくこととなる予定です。今回の正副議長の選出は、各会派の思惑が交錯し、1日目で議長が選出できないなど予定も大きく狂うものとなりました。まさに市民不在の議会運営といわなくてはなりません。

 

また本日、新議長が決まったことを受けて、日本共産党奈良市会議員団として、下記の4つの項目での申し入れを議長宛に行いました。

 

ゝ腸颪量魄選出にあたっては会派の構成人数に応じ公平に配分すること。

 

議会制度改革については、議会の主体性を確立し、議会運営のあらゆる場で事前によく相談し、各会派の意見を十分に尊重すること。

 

K棆餤弔梁緝充遡箋擇啗朕夕遡笋砲ける質問時間には、理事者の答弁時間は含めないようすすめること。また各特別委員会、常任委員会についても質問時間を十分に確保すること。

 

ね事者に対して、資料の公開など議員の調査権を完全に保障する措置を求めること。

カテゴリー:議会


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:608
最終更新日:2017/09/19

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM