山田兼三さんと「つどい」

2017年06月20日(火)21:59

みなさん、ひまわりで有名な佐用町をご存じでしょうか。2005年に四町が合併するまで存在した南光町で始まった、町をあげての取り組みがこの有名なひまわり畑です。この南光町で25年間共産党の町長として活躍してこられた、山田兼三さんが奈良市議・市長選のためにと応援に来てくれました。その山田さんを招いての「つどい」を昨日と今日の二日間行わせていただきました。井上良子市長予定候補も駆けつけ、参加されたみなさんと懇談しました。

 

 

山田さんは、現役時代には国保料の引き下げや8020運動等での町民の健康作りに取り組んで来られました。ひまわり畑も耕作放棄地を活用するために、役所や住民の方と共に考えた観光施策の一つで、今では全国的に有名になり地域の大きな収入源ともなっています。この南光町での取り組みは奈良市でも大いに参考になるものです。

 

参加された方からは、コミュニティーバスやデマンドタクシーなどの交通政策の充実、買い物難民対策を求める声も上がりました。また、奈良の観光に関するご意見も寄せられるなど、奈良市政について、より詳しく住民のみなさんと懇談する機会ともなりました。

カテゴリー:活動報告


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:630
最終更新日:2017/11/22

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM