奈良市のゴミ処理を考えるために、斑鳩町へ視察に行ってきました

2018年02月20日(火)20:48

奈良市では、左京にある清掃工場(ゴミの焼却場)の立替が議論されています。この間、議会での議論を聞いていると、どこに建てるのかという「場所論」ばかりが目立ちます。そして、奈良市で発生するゴミをどのように処理していくのかという議論は、ほとんどされていないのではないでしょうか。私たちは、場所論よりもまずはゴミの減量化にどう取り組んで行くのか、ゴミの処理についての方針を議論するのが先ではないかと訴えてきました。

 

 

斑鳩町では、ゴミウェイスト宣言を行い、燃やすゴミを極力減らし再資源化を進める方針を掲げています。この取り組みを学ぶために今日、斑鳩町役場を訪問し担当課よりお話を伺いました。

 

斑鳩町では、平成24年3月末で老朽化のためにゴミの焼却場を廃止しています。その後は民間事業者に委託し焼却していましたが、自治会の協力のもと、徹底した分別と再資源化を行うことにより、委託費を節約する事に成功しています。平成12年にゴミ袋有料化を実施する際などにも、担当課が各自治会に複数回説明に入るなど、住民の理解のもと施策を進めようとする町の姿勢にも関心させられます。

 

奈良市は斑鳩町と違い人口も多いから・・・と考えがちですが、どこの行政であっても市民のみなさんの理解のもと進めて行かなくてはならないことに変わりはありません。当初奈良市がビン・缶などの分別回収を始めたときには県内でも先進的な事例として高く評価されてきました。焼却場移転が課題となっている今だからこそ、ゴミ処理の方法について、全市のみなさんとしっかりとした議論を行う必要があると思います。ゴミが減り処理費用が抑えられれば税金の節約にもなり、暮らしへのフィードバックも大きくなるのではないでしょうか。

カテゴリー:活動報告

奈良市革新懇の総会が行われました

2018年02月14日(水)23:28

 

平和・民主・革新の日本をめざす奈良市の会(通称・奈良市革新懇)の総会が行われました。これまでの活動の経過報告やこれからの方針、予算などについて報告されています。憲法改定阻止の運動や、奈良市では奈良公園内への高級ホテル誘致も大きな課題となっています。

 

 

とりわけ、安倍政権がめざす憲法改定については喫緊の課題となっており、革新懇としても3000万人署名の推進は最重要課題の一つです。安倍政権のいう、憲法に自衛隊を書き込むということの実態は何なのかを、奈良市革新懇の代表世話人でもある宮尾耕二弁護士より講演頂きました。

カテゴリー:活動報告

安倍改憲NO!3000万人署名推進へ、西の京地域の会結成へ

2018年02月12日(月)21:20

 

安倍政権の進める憲法9条の改憲を阻止しようと、全国で3000万人を目標とする署名活動が取り組まれています。今年5月までに目標をやりきるためには、今こそ思い切った取り組みが必要です。西ノ京地域でも署名を大きく進めようと、革新懇などが中心となり地域の会を立ち上げることになりました。そして11日、この会のキックオフ集会を開催、諸富弁護士にも講演して頂き、改憲阻止のための団結を固め合いました。

 

 

いま、会の結成に当たり署名への参加を呼びかけるポスターを作成する計画を進めています。「私も呼びかけます」と言うことで、地域に住むお寺の住職さんや元学校長、地域の9条の会の方や子育て中のお母さんなど、様々な立場の方にご協力いただき、連名ポスターにする予定です。集会では、ポスターへの記載にご協力頂いた方から、決意に満ちた発言も多くあがりました。

 

諸富弁護士は、安倍政権の改憲スケジュールや、9条に自衛隊を規定する項目が加わればなぜ海外での武力行使が拡大されることになるのかなどについてわかりやすく講義していただきました。

 

 

安倍政権は、早ければ今の通常国会早々にも憲法改定の発議を行うのではないかとも言われています。これを断念させるためには、国民投票になっても勝ち目はないという事を、世論で示さなくはなりません。そのためにも、いま全国で取り組まれている3000万人署名の成功こそが改憲阻止のための確かな力になると確信しています。ぜひ、みなさんのご支援をお願いします。

カテゴリー:活動報告

新春のつどい2018

2018年01月28日(日)23:09

奈良県での日本共産党2,018年「新春のつどい」が、大和郡山城ホールで開催されました。700人を超える参加者で、会場一階が満席となり立ち見もでる盛況となりました。ご参加頂いたみなさん有難う御座いました。

 

 

特別メッセージとして、郡山市長から文書で届けられていたほか、平城宮跡の舗装反対や奈良公園内へのホテル誘致反対で運動されている、作家の寮美千子さんが登壇し「(文化財の)問題が起こった時に、真っ先に話を聞いてくれたのが共産党」と期待を語って頂きました。

 

また、今年の中間選挙予定候補の、生川市議(御所市)・川本予定候補(御所市)・八木市議(宇陀市)・くり村議(東吉野村)4名の決意表明、そして来年4月に迫る県議選予定候補の第一次分として、山村県議・小林県議・宮本県議・太田県議・今井県議の現職5名の県議も決意を述べました。全県は一つで、全員の当選のためにご支援をお願いします。

 

 

山下よしき党副委員長・参議院議員は、安倍政権が進める憲法改悪阻止に向けての日本共産党の決意を述べ、市民と野党の共闘の全国的な広がりを報告しました。次期参院選では、日本共産党が一方的に候補者を降ろすのではなく、対等な立場で候補者一本化に向けた話し合いをしていきたいと、次の参院選での党躍進をめざす展望も語られています。森友・加計疑惑など一連の問題を明らかにするための国会論戦、社会保障や労働法制強化に向けての日本共産党の考えも示されました。

 

会場では、いよいよ始まった沖縄県名護市長選支援のための募金も呼びかけ、たくさんの方より多くの募金も寄せられています。全国は一つで共にたたかいを進めて行きたいと思います。

カテゴリー:活動報告

ふれあい宣言タイムマラソン大会

2018年01月21日(日)17:56

奈良市社会福祉協議会主催で、「第32回ふれあい宣言タイムマラソン大会」が奈良市総合福祉センターで開催されました。私も厚生消防委員長として開会式に出席、ごあいさつさせて頂きました。

 

 

このマラソンは、障がい者の方が参加する大会として、順位はゴールした順番ではなく、あらかじめ宣言したタイムとの差が最も小さかった順を競うというものです。今回は280人のかたがエントリーされたそうです。

 

私も、開会式後スタータをさせて頂きましたが、合図と共に参加者のみなさんは元気よく福祉センターの門を出て行かれました。

カテゴリー:活動報告

安倍改憲NO!3000万人署名を地域でも

2018年01月19日(金)21:13

毎月19日は、「怒りの行動日」として、全国で宣伝活動が取り組まれています。3年前の9月19日に、全国で反対の声が強くあがる中「安保法制」・戦争法が強行可決されました。これにより部分的にではあるものの、「集団的自衛権」が認められる事となり、自衛隊の海外での活動範囲が大きく拡大されることとなりました。

 

そしていま、安倍政権は憲法9条の改訂への動きを加速させており、今年の臨時国会にも改憲発議が行われるのではないかとの見方も強まっています。この動きに対して、全国ではなんとしてもこれを止めさせようと運動が行われており、3000万人署名への取り組みも広がっています。

 

地域でも「安倍改憲NO!」の全国3000万人署名を推進しようと、西の京かいわい革新懇として、11時からジュンテンドー前にて宣伝活動を行いました。少し先にあった生協が移転し、人通りが少なくなってしまいましたが、それでも「改憲には反対」と署名に応じてくださる方も複数おられました。また、「自分はよく分からない」という方もおられましたが、対話で私たちの考え方を説明し、署名にも応じて頂くこともできました。

 

 

また夕刻には、高の原駅にて奈良市革新懇や民青同盟など合同での宣伝にも取り組みました。ここでは、うたごえのサークルで活動しておられる方も来て頂き、ギター演奏に合わせて歌も歌わせて頂きました。

 

 

 

==≪演説会のご案内≫=============================

1月28日(日)午後2時30分より、郡山城ホールにて新春の集いを開催いたします。ぜひお越しください。

 

カテゴリー:活動報告

3000万人署名成功へ、地域の寺院を訪問させて頂きました。

2018年01月16日(火)18:24

「安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)を成功させようと、西の京かいわい革新懇として地域内にあるお寺や教会を訪問し賛同を呼びかけました。趣旨をお話しした上でお断りされる所もありましたが、中には「9条は絶対に変えたらあかん。」と家族全員の署名を書いてくださる方もいました。また、個人的に「署名だけなら」と応じて頂ける方も。西の京かいわい革新懇では、呼びかけ人をつのり連名のポスターを作成、一気に署名活動を広げようと取り組んでいます。

 

午後からは、奈良市にある養護老人ホーム「奈良市和楽園」を視察させて頂き、懇談させて頂きました。和楽園は、昭和7年に今でいう民生児童委員(当時の呼称は方面委員)が市民の浄財を募り、昭和恐慌下での生活困窮の高齢者を収容する施設として「養老舎」を建設、運営を始めたことに端を発しています。その後、独立した法人化や公設民営の期間なども経て、現在は民説民営の施設として運営されています。

 

奈良市和楽園HPより

 

和楽園が運営を行っている「養護老人ホーム」は、生活保護基準に当てはまるような経済的に困窮しており、自立しての生活が困難な人を対象にした施設で、文字通り「終の住処」となっている施設です。そのような事から養護老人ホームは、他の施設のように利用者が直接申し込むのではなく、一旦市役所へ申請を行い、条件や必要性を調査した上で入所決定がされる(措置される)事になります。

 

しかしいま、この入所者数が大きく減っており、日本全国で問題となっています。必要とする人は減っていないのに、措置される人数が減っている、その背景には国のねらう福祉予算の削減があります。奈良市も養護老人ホームへの補助金などの予算が削減されており、十分な対応ができていません。入所が必要と思われる人が入れなければまさに野垂れ死にという最悪のケースとなってしまいます。必要な福祉事業にはしっかりと予算を確保させることがいよいよ必要です。

 

奈良市和楽園HP:http://www.warakuen.or.jp

 

 

==≪演説会のご案内≫=============================

1月28日(日)午後2時30分より、郡山城ホールにて新春の集いを開催いたします。ぜひお越しください。

 

 

カテゴリー:活動報告

憲法学習会

2018年01月14日(日)19:31

奈良市革新懇主催で憲法9条の学習会を行いました。会場で借りた会議室の席数40席がほぼ埋まる方々にご参加頂くことができました。

 

 

講師は、京都の市民共同法律事務所に所属の弁護士、諸富健さんにお越し頂きました。初めに、3000万人署名を呼びかけている全国市民アクションが作成した、改憲についてのビデオを視聴、その後諸富弁護士より講演をして頂きました。憲法9条に自衛隊を書き込むとどうなるのか、なぜ私たちが安倍政権の憲法改定に反対しているのか、わかりやすくお話しして頂けたと思います。

 

この様な企画を、ぜひ地域などでも開き、一緒に議論できる方を一人でも増やしていきたいと思います。

 

 

■1月28日(日)午後2時30分より、郡山城ホールにて新春の集いを開催いたします。

ぜひお越しください

カテゴリー:活動報告

消防出初め式、午後からは山下よしき副委員長が西大寺で訴え

2018年01月13日(土)18:34

今日は、奈良市消防局の出初め式です。鴻ノ池の陸上競技場と体育館で式典やパレードが行われました。寒波で大変寒い日となりましたが快晴となり、多くの市民のみなさんも子連れで集まっておられました。消防職員や消防団のみなさんお疲れ様です。今年も宜しくお願いします。

 

 

 

午後の3時15分からは、西大寺駅北側にて、日本共産党副委員長・参議院議員の山下よしき議員が訴えをさせて頂きました。いよいよ来年7月に参院選挙が行われます。山下議員は比例近畿ブロックの予定候補に内定しており、今日は決意も語られました。また、安倍政権が進める憲法改定に対して、市民と野党が結束して阻止しようと訴えました。

 

 

 

=====奈良市消防局の消防自動車(一部)=====

 

消防団の軽トラック

 

はしご車

 

化学消防車

 

高規格救急車

カテゴリー:活動報告

成人式

2018年01月08日(月)16:05

奈良市でも成人式が行われました。新成人のみなさん、本日はおめでとうございます。また奈良市では、市主催の成人式の後、「奈良市心身障害者・児童福祉協会連合会」が主催する「新成人の集い」も行われました。

 

 

 

いま将来の「夢」が特にないと答える若者が増えているというニュースが最近報道されていたように思います。就職先が無い、就職してもブラック企業、学費が払えない、年金などの福祉の将来が不安・・・・など、今の情勢が大きく影響していると思います。

 

しかし、展望の持てない今の社会を変える力も若いみなさんは持っています。誰でも安心して暮らせる社会を作るために、私も若いみなさんと共にがんばります。ぜひご一緒に世の中を変えていこうではありませんか。

カテゴリー:活動報告


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:652
最終更新日:2018/02/21

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM