奈良市に第5次要望書を提出

2020年08月29日(土)00:17

8月27日、奈良市にコロナ対応についての第5次となる要望書を提出しました。

 

 

要望書では、7月28日に日本共産党が政府に提出した要望をもとに、奈良市でも感染震源地を特定するために点ではなく面で、感染者の固まっている地域を網羅的に検査を行う事、検査の目的を個人の診断ではなく感染拡大を防いでいくための防疫目的と位置づけて行う事などを求めています。また、市立学校での20人学級の実現とそのための措置を国に求めることも要望しています。

 

対応した西谷副市長との懇談の中で、天理大学の学生さんが本人は濃厚接触者ではないにもかかわらず、バイト先や教育実習先から検査を求められたり、断られたりした事例について、同じようなことが起こった場合にも差別的な扱いが起こらないよう奈良市としても情報発信をしっかりやっていってほしいと求めました。

カテゴリー:議会

厚生消防委員会

2020年08月29日(土)00:06

8月26日、厚生消防委員会が行われました。新型コロナウィルス感染症が拡大する中、私も含めほとんどの委員が奈良市の対応について質問しました。

 

日本共産党は7月28日、政府に緊急の申し入れを行いました。その中で、感染震源地を明確にし感染拡大を防いでいくためにも、その地域の住民や勤務者全員を対象にしたPCR等検査の実施、医療や福祉の現場で働く人を対象にした検査の実施などを求めています。

 

奈良市に、医療・福祉現場の勤務者に対する検査の実施を求めたところ、「本人の希望があれば検査の対象としていく」と答弁しました。検査を受けられるようにしたことは一歩前進ですが、ここでもう一歩踏み込み、奈良市の方から検査を受けてもらうよう働きかけることを求めました。

 

県内でも病院や大学でクラスターが発生するなどしています。院内感染・施設内感染を防止していくためにも、施設関係者に対する検査の実施は重要ではないでしょうか。

 

また、奈良市は全庁をあげてコロナ対策に取り組んでいる中でも、市立保育園の民営化はスケジュール通り進めようとしています。一方、4月〜7月は縮小しての保育となっており、その間は保護者への説明会も行われていませんでした。今後もしばらくは保護者や市民への説明会などは規模・時間も制限される状況も続きます。何よりもコロナ対応に当たっている市役所の貴重なリソースを割いてまでスケジュール通りに進めなければならない課題だとはどうしても思えません。奈良市に、少なくともスケジュールの延期をと求めましたが、奈良市からは誠意のある回答はありませんでした。

カテゴリー:議会

地域の要望を奈良市に提出

2020年08月18日(火)23:44

 

8月18日、日本共産党奈良市西南地域後援会として奈良市に要望書を提出しました。これまでに地域のみなさんからお聞きしている要望に加え、地域の大きな課題ともなっている新クリーンセンター(ごみ焼却場)建設について、広域化による大型炉の建設ではなく奈良市独自でゴミ減量に取り組み必要最小限のコンパクトな施設に、さらには景観に配慮した施設となるよう求めています。


要望の多くは道路の安全に関わる問題です。ガタガタになった舗装をやり替えてほしい、通学路の安全対策をやってほしいなど、暮らしに直結する切実な声です。


信号の設置や国道308号線の安全対策は県に関わる事ですが、市からも県に改善を求めるよう要望もしています。


これら、みなさんからの切実な要望をなんとしてもすべて実現していきたいと思います。地域の問題解決にこれからも全力で取り組みます。ぜひ、みなさんの声を、引き続きお寄せください。

 

カテゴリー:活動報告

議会報告会を開きました

2020年08月10日(月)16:13

 

9日、県議会・市議会の報告会を開きました。100名定員の部屋を50名定員で使い、入り口での消毒、マスク着用に注意しての開催となりました。

 

県政は山村県議が報告、県政でも市政でもコロナ対策に注目が集まります。奈良市も取り組んでいる「ドライブスルー検査の効果は?」「もっと簡単に検査ができる技術ができたらいいのに」など、ご意見やご質問も複数いただきました。

 

また、奈良市が七条町を候補地として進めている新クリーンセンター(焼却場)建設について、歴史遺産を守ろうと活動されている方からは、「クリーンセンターの煙突や白煙で景観が壊されないよう声を届けましょう」と呼びかけも。

 

報告会後は、ジュンテンドー前で宣伝も行いました。コロナ対策についての共産党の考え、原爆投下から75年目を迎えた事を受け、核兵器禁止条約に署名する政府を実現しようと訴えさせていただきました。

 

カテゴリー:活動報告

奈良市議会7月臨時議会

2020年08月05日(水)12:09

奈良市議会の7月臨時議会が、7月28日〜31日の日程で行われました。国会で新型コロナウィルス感染拡大に対する第二次補正予算が成立したことを受けての臨時議会です。

 

7月に入り、東京や大阪など大都市圏を中心に、感染者が急激に増加している事態を受けての補正予算となりました。当初市は、産業復興に重点を置いた予算を考えていましたが、感染の急拡大で、予防対策に重点を振り向ける編成となっています。

 

日本共産党は28日、西村経済復興担当相に緊急申し入れを行い、市中感染が広がるもと、感染震源地(エピセンター)を明確にし感染者を隔離・保護していくためにも、感染が広がる地域を対象に網羅的な検査を実施するよう求めました。

 

今回の補正予算では、熱があるときに「帰国者・接触者相談センター」を通さなくても直接受診できる「発熱外来」を休日夜間応急診療所敷地内に設置する予算、「奈良市総合医療検査センター(柏木町)」でPCR検査を行うための機材調達や施設整備の予算などが盛り込まれました。現在、奈良市の一日の検査数は最大72件ですが、ここでの検査が始まれば250件増やすことが可能となります。奈良市でも市中感染の兆候を早期につかむためにも大規模に検査を実施すること、院内・施設内感染を防ぐためにも医療や福祉の現場で働く人を対象とした検査を実施するよう求めました。

 

自然災害の多発も懸念されます。これまで、奈良市内の避難所にマスクや消毒液が全く備蓄されておらず、急遽市は配布を始めました。今回の補正予算では、マスク10万枚(避難者数が最大となる奈良盆地東縁断層地震を想定)などを購入する予算が盛り込まれました。一方で、すべての備品がそろうのは年度末になるとのことでもあり、その間の災害には機動的な対応が求められます。

 

今回提案された補正予算は、全員一致で可決・成立しました。

カテゴリー:議会

「2020年豪雨災害救援募金」へのご協力を訴えます - 日本共産党中央委員会 -

2020年07月10日(金)12:12

近鉄奈良駅小西商店街入り口で募金活動を行いました
 

梅雨前線がもたらした猛烈な豪雨で九州を中心に大きな被害がひろがっています。犠牲になられた方々に心から哀悼の意を表します。被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。

 

記録的大雨で、河川の氾濫、住宅浸水、道路の途絶、集落の孤立などが起こっていますが、被害の全容はまだ把握できない状況です。再び大雨の恐れも伝えられ、懸命の捜索・救出作業も困難をきわめています。また、新型コロナウイルス感染症のもとで、被災地では、避難所の受け入れ、救援活動であらたな対応に追われています。

 

日本共産党は、「2020年梅雨前線豪雨災害対策本部」をたちあげ、被災地の党組織、国会・地方議員が調査・救援活動にとりくんでいます。

 

全国のみなさんに災害救援募金へのご協力を訴えます。

 

お預かりした救援募金は、日本共産党の政治活動のための資金と区別し、全額を被災者救援、被災自治体への義援金に充てます。

 

 

募金送り先

郵便振替

▼口座番号00170―9―140321

▼加入者氏名 日本共産党災害募金係

*通信欄に「2020年豪雨災害救援募金」と必ずご記入ください。手数料はご負担願います。

 

詳しくは日本共産党中央委員会HPをご覧ください(https://www.jcp.or.jp/akahata/web_daily/2019-kyuuen.html)

カテゴリー:活動報告

市立病院の初診料値上げには反対です

2020年07月10日(金)11:59

6月議会に提案されていた「議案第66号 奈良市病院事業の設置等に関する条例の一部改正」は、市立奈良病院が地域医療支援病院の承認を受けたことから、紹介状を持たず受診した患者から保険外併用療養費として、初診5500円、再診2750円を設定しようとする内容が含まれています。


市立奈良病院は2004年、国立奈良病院の存続を求める運動の結果奈良市に移管された病院です。今日まで多くの市民のみなさんの健康を支える病院として役割を果たし、多くの方から信頼されてきた病院でもあります。


今回の条例改定で保険外併用療養費が設定されれば、今後は気軽に外来で診察を受けることができなくなります。外来診療の締め出しともとれる方針に、果たして市民は納得するでしょうか。


経済的に苦しい方の医療という面を見ても、市立病院では無料低額診療など、お金がなくても安心して受診できる医療は提供されていません。


高度な医療も必要ではありますが、市民のための病院として、奈良市民であれば誰でも安心してかかることができる病院としていくことが何より必要ではないでしょうか。利用される市民の方へ一方的に負担を求める本議案には反対しました。議案は、共産党と2人の無所属議員のみが反対、賛成多数で可決しています。

カテゴリー:議会

奈良市議会6月議会

2020年07月10日(金)11:54

市議会の6月定例会が6月26日に閉会、6月22日には、提案されている議案の採決が行われ、コロナ対策経費を含んだ補正予算が全会一致で可決しました。

 

今回提案されたコロナ対策は、観光客減少の影響を受けている宿泊業者やバス、タクシーの事業者に対する補助金、PCR検査に必要な予算、プレミアム商品券発行経費など。

 

プレミアム商品券はこれまでも2度発行されてきました(2015年と2019年)が、市内事業者の営業にどの程度効果がもたらされているのか、十分に検証されたとはいえません。今後は、地元業者の支援というのであれば、業者のみなさんの意見をよく聞き答える施策の展開が求められます。

 

また、教育関連としてGIGAスクール構想実現経費というものも含まれています。これは、小学校1年生から中学3年生までタブレット端末を一人1台となるよう整備する予算です。コロナ禍の中で子どもたちの学びについて様々な模索もされていますが、GIGAスクール構想は、日本で教育のICT化を進める政策であり、コロナ禍に対応して立案されたものではありません。コロナ禍をビジネスチャンス到来とばかりに、教育現場を市場として利用することは許せません。まずは、子どもたちが安心して学校に通うことができる環境を整えるためにも「少人数学級」こそ実現すべきです。

 

上記の問題はありますが、総じて補正予算はコロナ対策として必要な経費を多分に含んでいるため、市に意見を述べた上で賛成しました。

カテゴリー:議会

一人10万円の「特別定額給付金」の申請書の発送が始まっています

2020年05月25日(月)17:58

国民一人10万円を支給する「特別定額給付金」の申請用紙の発送が21日から奈良市でも始まっています。すでに届いたという方もおられるようです。申請に当たり、分からないこと等がありましたら、日本共産党にご相談ください。

 

今回の給付金が決まる前、政府は所得が激減した人など条件を設け一人30万円を給付するとしていました。これでは、申請手続きが複雑になり給付までに長い時間がかかります。また、多くの方々がコロナの影響で困っている中条件を設けることは、分断を持ち込むことにもなります。

 

日本共産党は2月当初より、いち早く困っている人に届けるためにも「すべての国民に一人10万円の給付を」と求めてきました。これは多くの方々の声を受けてのものでもあります。野党のみなさんとの連帯、何より多くの国民の声が政府をも動かし、一度閣議決定までされた政策を見直しさせたことは画期的です。

 

一人10万円の給付は実現しましたが、まだまだ経済の復興には時間もかかります。奈良市でも、緊急事態宣言は解除されましたが、観光バスは一台も走っていない状況です。これまで商売をされてきた方がこのコロナ禍を乗り越え、再び元気に事業を再開できるよう継続的な支援も求められます。暮らし、営業、雇用を守るための具体的手立てをとることを、奈良市に対し引き続き求めていきたいと思います。

カテゴリー:ニュース

今回の厚生消防委員会は「文書質問」となりました

2020年05月13日(水)14:10

 

新型コロナウィルスの感染拡大と、緊急事態宣言により、市議会の運営にも影響が出ています。5月に予定されていた各常任委員会も一つの部屋に多人数が集まることを避けることから、文書質問で行われることとなりました。感染拡大を避ける対策は最優先で取り組まなければならない事ですが、議員の質問の機会が制限されれば、この間たくさんの方からいただいた意見や要望の実現を市に迫る機会も制限されることとなります。感染対策は行いつつも、活発な議論が行える環境を考えねばなりません。

 

今回、厚生消防委員会で私が提出させていただいた質問は、救急搬送で病院から受け入れ拒否はされていないか、医療・介護現場への資機材の支援や従事者への「危険手当」支給についての考え、児童虐待への対応、生活保護決定の迅速化、市保健所でのPCR検査体制の見通しなど。また、(仮称)子どもセンターの建設について、新型コロナによって計画にどのような影響が考えられるのかについても聞いています。

 

今日提出した質問に対する回答は、6月3日となっています。最終的には市のHPで公開もされますが、またこちらでも紹介させていただきたいと思います。

カテゴリー:議会


署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:746
最終更新日:2020/08/29

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM