6月議会・補正予算等特別委員会

2018年06月20日(水)16:57

先日の大阪北部地震では、学校のブロック塀が倒れ、児童が犠牲になるという痛ましい事故も発生しました。この塀は建築基準を満たしていなかったことも明らかとなっており、奈良市においても同様のことが起こらないための対策が求められます。今日、奈良市教育委員会に対して、安全点検を早期に行うよう申し入れを行いました。

 

 

6月議会の補正予算等特別委員会が行われ、私と山本議員が質問を行いました。この委員会では、6月議会に提出された補正予算や条例改正案などの議案が議題となります。

 

特に今回は、補正予算の中に10月からの生活保護基準見直しにかかわるシステム改修費が計上されています。生活保護の基準はこの間段階的に引き下げられてきており、今回の改定では今よりも生活扶助費が5%引き下がる人も出てくるなど、深刻な問題です。また、生活保護の基準は最低賃金を決める際の基準にもなっており、その基準が引き下げられるということは、労働者により一層格差を広げることにもなりかねません。

 

保護を受けておられる一人ひとりが、自立して生活できるようになるためには、それぞれの置かれた状態をしっかり把握したうえでのサポートが欠かせません。しかし、そのためのケースワーカの人数が奈良市では厚労省の基準よりも少ないことも今回の質問で改めて明らかとなりました。

 

誰にでも起こりうる生活に困った状況から抜け出すための最後のセーフティーネットでもある生活保護制度の本来の役割を果たさせるためにも、制度の拡充を国に対して働きかけるよう求めました。

カテゴリー:議会

日本共産党演説会が開催、文化会館が満席に

2018年06月17日(日)16:50

日本共産党の演説会が開催されました。小池晃書記局長を弁士に、県議選予定候補6名のほか、参議院選挙区予定候補のかまの氏も挨拶しました。また、山下よしき副委員長のビデオメッセージも上映しました。会場は一階がほぼ満席、2階席も開放し1000人を超える来場者を迎えることができました。

 

小池書記局長は、歴史的な米朝首脳会談が行われた事を受け、「日本が平和構築の先頭に立たなくてはならない」、また「モリカケはその一つ一つが政権が吹っ飛ぶほどの大問題。真相究明に引き続き力を尽くしていく」と情勢や考えについて訴えました。また、全国で広がる野党共闘について、野党をまとめる役割を日本共産党が担ってきた事を踏まえ、今後の共闘の発展で安倍政権を追い詰めていこうと呼びかけました。そしてそのためにも、参院選と県議選での共産党の躍進をと訴えました。

 

小池晃 書記局長・参議院議員

 

かまの祥二 参議院選挙区予定候補

 

県議選予定候補(右から、北野いつ子(新)郡山市議、小林てるよ県議、宮本次郎県議

今井光子県議、太田あつし県議、山村さちほ県議)

カテゴリー:活動報告

6月議会が開会しました

2018年06月11日(月)23:28

6月議会が開会となりました。新会派「新風政和会(中西議員・塚本議員・松下議員)」が結成されたことに伴う、議会運営委員会の委員定数変更の条例改正が冒頭諮られました。

 

市長は開会のあいさつで、市の出生人口が昨年より150人減っている一方で、雇用情勢改善や女性の就労率が上がっており、今後保育需要が増加していくとして、保育施設確保が市の最優先課題だと強調しました。庁舎耐震化にもふれ、今年実施設計を行うスケジュールを示したほか、築後40年経過した庁舎の長寿命化や、窓口業務の効率化を進めていく考えをしましました。

 

保育施設の確保については、私たちもこれまで求めてきた課題でもあります。一方で奈良市は、しっかりとした検証もなく幼稚園・保育園を統廃合しこども園化を進めています。0歳から預かってもらえる保育園の建設を求める声も多く、保護者のみなさんの願いに沿った保育施設の拡充が求められます。市の窓口業務などは民間委託が進められていますが、実際に窓口で働いている方の給料は市職員よりも安く、市が民間委託を進めれば進めるほど、低賃金の労働者を生み出しているという批判も少なくありません。来られた方への親切な対応はもちろんですが、そこで働くみなさんの生活に対しても行政に責任があると思っています。

 

今回提案された議案には、教育委員2名の提案も含まれています。この議案は、開会日に採決まで行われるため北村議員が質疑を行いました。特に、市が推薦する2名の内1名が民間企業の経営者である点について、「教育はひとりひとりの子どもたちが健やかに成長していくためのものであり、営利企業の役に立つ人材を作るためのものではない」と強調、同氏が教育委員として十分職責が果たせるのか、政治的中立の立場で判断を下せるか、などの点について確認を行いました。

 

6月議会は、14日・15日・18日に代表質問、一般質問が行われます。日本共産党からは、代表質問に井上議員、一般質問は山口議員と北村議員が行います。

カテゴリー:議会

奈良市後援会総会

2018年06月10日(日)23:21

日本共産党の奈良市後援会総会が行われました。いよいよ来年に迫る統一地方選挙に向けて、山村さちほ県議、小林てるよ県議の両名が決意を述べたほか、参院選奈良選挙区予定のかまの祥二氏も決意表明を行いました。

 

かまの祥二 参議院奈良選挙区予定候補

 

山村さちほ 県会議員

 

小林てるよ 県会議員

カテゴリー:活動報告

新奈良県総合医療センターについて地域住民の方より意見が届いており、県の担当者と話をしました

2018年06月05日(火)18:15

5月に移転した奈良県総合医療センターについて、近所に住む方から「(室外機等の)騒音が気になる」との意見が山村県議の元に寄せられています。実際に私も現地へ行き、周辺の方とお話もさせていただきました。気にならないという方も多い一方で、一部の方からはやはり音が気になるとの声も寄せられています。

 

 

今日、県の担当者と山村県議も交え状況をお聞きしました。県は、病院が稼働する前に空調設備を前回にした上での騒音の調査をしており、そこでは法定基準はクリアしている事が確認されています。一方で、室外機周辺に取り付けられている防音壁の高さは何を基準に設定されているのかなど、細かい点で疑問もあり、県に調査を求めました。

 

 

音の問題は個人差もあり、大変デリケートな問題でもあります。慎重に対応を考えていきたいと思います。また、別の方からは、受付や看護師の対応について不満の声が寄せられるなど、新病院に対して様々な意見がすでに複数寄せられています。開院したらそれで終わりではなく、一定期間経過後、課題を洗い出し改善を図っていく事が必要だと思います。地域の方にとっても安心・安全な「よりよい」医療施設となるよう、引き続き山村県議との連携で取り組んでいきたいと思います。

カテゴリー:活動報告

6月議会が始まります

2018年06月04日(月)23:44

6月議会へ提出予定の議案が内示され、来週11日から6月議会が始まります。

 

 

議案には、3月議会で削除された「なら国際映画祭」の補助金も2000万円から1000万円に減額した上で含まれます。各団体への補助金については、市長の裁量ではなく要綱を作成し公平に評価・配分すべきだと求めてきており、その点がしっかり整備された上での提案かどうか、チェックが必要です。

 

ほかにも、現在欠員となっている2名の教育委員を選任するための議案も提案されています。さらに6月議会では、議長・副議長や各議員が所属している常任委員も改選となります。次の1年間の議会運営にも関わる事ですので、市議団としても確かな方向性を決め臨んで行きたいと思います。

カテゴリー:議会

第5回奈良市議会 議会報告会

2018年05月19日(土)17:07

第5回目となる、奈良市議会主催の議会報告会が行われました。これは市議会全体で運営を行い、3月議会について報告、参加された市民の皆さんからのご意見をお伺いしようと開催しているものです。

 

閉会後の議場見学会で、参加された方に説明を行う井上まさひろ議員

 

報告会は二部構成で、一部では3月議会の概要について、二部では参加された方からの発言の時間となっています。今回はさらに閉会後、本会議場を開放し、見学していただけるようにしました。一部では私も厚生消防委員会の委員長として、3月議会の委員会での質疑内容等について報告させていただきました。

 

二部では、参加された方より、「長期休暇中にバンビ−ホーム(学童保育)での昼食提供が始まることとなりありがたい。一方でホームの広さや指導員の体制に不安もある」「新斉苑(火葬場)について、単に火葬だけの施設ではなく、それ以外でも人が集える施設に」などの意見や要望が寄せられました。

 

この議会報告会は、市議会全体として行う事から、各会派や個人の意見を述べることはできない事になっています。多様な主義・主張の集合体である議会という単位でこのような取り組みを行う事の難しさも感じました。

カテゴリー:議会

高の原駅で山村県議と宣伝

2018年05月18日(金)18:45

 

近鉄高の原駅前で宣伝行動です。毎月第3週目の金曜日は、この高の原駅で青年向けの宣伝をしていますが、今日は山村県議や地域の後援会の皆さんも合流しての行動となりました。憲法署名も訴え、20数筆が寄せられています。市会議員は私と、山口議員、井上議員が参加し、マイクで訴えました。

カテゴリー:活動報告

第89回奈良県メーデー

2018年05月01日(火)23:53

第89回奈良県メーデーが奈良公園にて開催されました。県内の労働組合の皆さんや、各団体の皆さんが独自の旗やプラカード、横断幕を持って参加されていました。

 

 

労働者の皆さんが、安心して働くことができる社会実現のために、残業時間の規制強化や最低賃金の引き上げなどを、日本共産党は提案しています。しかし、安倍政権は裁量労働制で残業時間の上限の大幅な規制緩和、労働者を安い給料で何時間でも働かせることができる、労働法制の改悪をさらに進めようとしています。

 

過労死をなくし、仕事とプライベートが両立できる、給料がしっかりと保証される、そんな当たり前の社会の実現に引き続き取り組む決意です。

カテゴリー:活動報告

登美ヶ丘地域の皆さんが奈良市と懇談

2018年04月27日(金)17:25

登美ヶ丘地域の皆さんが奈良市と保育所問題で懇談されました。

 

 

この地域では開発が進み今後若者人口の増加が予想されています。地域の皆さんは、懇地域にも保育所をとこの間運動されてきました。奈良市はそんな住民の皆さんの声を受け、登美ヶ丘地域と富雄地域で民間保育所の公募を行ってきました。それが昨日締め切られ、その結果登美ヶ丘地域では1法人、富雄地域で2法人の応募があった事が明らかにされました。

 

ひとまず保育所設置の目処が見えてきたことに、地域の皆さんも安堵されているのではないでしょうか。一方で、今後の設置までの審査や開園後の保育内容など引き続き気にかかる課題もあります。参加された方からは、「市も、もっと施設へ足を運び実態を把握するべきではないのか」との意見も。安心してお子さんを預けることができる保育所に、引き続き地域の皆さんとの意見交換を進めていきたいと思います。

カテゴリー:活動報告


奈良公園内のホテル建設に反対するweb署名

署名のお願い

このブログについて

白川ケンタロー
白川ケンタロー
記事総数:674
最終更新日:2018/06/20

更新履歴

カテゴリー別記事

過去の記事

リンク

サイト内検索

携帯版はこちら

qrcode
赤旗.gif
みんなのブログポータル JUGEM